リオ五輪会期中、ブラジルのAirbnbホストの収益額は2,500万ドルを超える予想

2016年リオ五輪の代替宿泊施設公式プロバイダー(Official Alternative Accommodation Provider for the Rio 2016 Olympics)に選ばれたAirbnbは、会期中、リオデジャネイロ市内において7,600万ドル規模の経済活動が見込まれると発表しました。このうち、ホスティングによる収益が約2,500万ドルを占め、国内不況に直面している地元の人々にとって、Airbnbホスティングは重要な景気回復要因の1つとなっています。

rio-2-1600px

リオデジャネイロ市コパカバナで開催された「Airbnb Community Overview(Airbnbコミュニティの概要)」ローンチイベントの席で、Airbnbの共同創設者兼CPOのジョー・ゲビア(Joe Gebbia)は次のようにコメントしました。「6万6,000人のゲストが五輪を目的にブラジル入りしており、その数はさらに増え続けています。Airbnbトラベラーだけで、ブラジルの象徴であるマラカナンスタジアムを埋めつくす勢いです。また、地元の人々にとっても、旅行客をもてなし、民間の大使としての役割を果たしつつ、五輪による景気回復の一翼を担うことで、五輪に深く関わるチャンスがもたらされることになります。」

またリオのホストたちもジャーナリストに自身の体験談を披露し、ゲストをもてなすことに対する熱い思いを語りました。元ダンス講師でスーパーホストのルル・コウト(Lulu Couto)さんは、「私のチョコレートケーキは評判で、それを目当てに来てくれるゲストも少なくありません。決して完璧ではないけれど、皆に喜んでもらっています。私の家もそんな感じです。完璧ではないけれど、大切な我が家。愛情を持って守っています」と話してくれました。

rio-3-1600px

Airbnb五輪ハイライト

  • 6万6,000人を超えるゲストが宿泊(国内客と国外客の割合1対1)
  • 1泊あたりの平均宿泊料:165ドル(3人部屋の場合)
  • 1予約あたりの平均宿泊日数:6泊
  • ホストの予想収入額(合計):2,500万ドル
  • Airbnbゲストのリオ市内での1日あたりの平均支出額:136ドル
  • 会期中に見込まれる経済活動:7,600万ドル

(2015年にリオで生み出された経済活動:1億6,000万ドル)

rio-5-1600px

コミュニティ概要

ホームシェアリングに関する発展状況の公開に向けた取り組みの一環として、Airbnbはブラジルにおけるホスト、ゲスト、リスティングに関するデータをまとめた資料を発表しました。

 

Community Overview of the Airbnb Community in Brazil(ブラジルAirbnbコミュニティの概要)

Community Overview of the Airbnb Community in Rio(リオAirbnbコミュニティの概要)

Community Overview of the Airbnb Community in São Paulo(サンパウロAirbnbコミュニティの概要)

「ブラジルにおけるホームシェアリングの受け入れは着実に進んでいます。リスティングの数はこの1年で倍増し、9,500件に達しました。景気が低迷するなか、Airbnbは手頃な宿泊の選択肢を提供する一方で、ホストの皆さんに副収入をもたらしています」とブラジル・カントリーマネージャーのレオ・トリスターノ(Leo Tristão)は述べています。

ブラジルコミュニティ概要のハイライト(2015年6月~2016年6月):

ホスト ゲスト リスティング
年間収入:$ 1,500(リオ市内:$ 1,900)

平均年齢: 42歳

51歳以上: 29%

宿泊ゲスト数: 62万2,000人

平均年齢: 34歳

グループの平均人数: 2.8人

年間宿泊受け入れ日数: 20日

宿泊受け入れ日数30泊未満のリスティングの割合: 60%

グループの平均人数: 2.8人

これらの数値は2016年5月31日までの1年間のデータに基づき算出されたものです。